オリジナルスキル研修紹介②ボス・マネジメント

2019年08月16日 カテゴリ: ブログ
当社V&Vが実施するリーダー育成研修は、受講者の意識・行動変革を実現するために、緻密に計算した「インプット」と「アウトプット」の場で構成されています。 プログラムの要の「インプット」である、当社オリジナルのスキル研修は、いずれの科目も、知識を得るためのお勉強ではなく、「使ってナンボ」に徹底してこだわった実践的な内容です。今回は「ボス・マネジメント」をご紹介します。(*受講者の感想は、組織・...

V&V新たな方向性 「切る」x「つなぐ」

2019年02月24日 カテゴリ: ブログ
平成の終わりが近づき、時代の節目を迎えます。当社がサービスをご提供する個人や企業を取り巻く環境は、この1-2年で急速に変化していると感じます。そこで、ニーズの変化を捉えた、当社の新たなサービスの方向性をご紹介させていただきます。   当社は、これまで、ひとと組織の変革の支援において、進化を阻む負の遺産を「切る」ことに主眼において活動してきました。「切る」対象は、たとえば、次のようなもので...

オリジナルスキル研修紹介①アカウンティング(財務分析)

2018年11月14日 カテゴリ: ブログ
当社V&Vが実施するリーダー育成研修は、受講者の意識・行動変革を実現するために、緻密に計算した「インプット」と「アウトプット」の場で構成されています。   プログラムの要の「インプット」である、当社オリジナルのスキル研修は、受講者がリーダーとして活躍するうえでの武器となるものです。当社がご提供するスキル研修は、いずれの科目も、知識を得るためのお勉強ではなく、「使ってナンボ」に徹底...

甲子園で感じた「新しいリーダーシップ」

2018年08月25日 カテゴリ: ブログ
今年の夏、生まれて初めて甲子園で高校野球を観戦しました。観戦したのは、常葉大菊川(静岡)vs.日南学園(宮崎)戦。どちらの学校にも縁もゆかりもありません。   私が興味をもったのは、常葉大菊川の「ノーサイン野球」というアプローチ。普通、ベンチにいる監督は、グラウンドの選手に対して、サインを通してバンドや盗塁などの指示を送ります。選手は監督の指示に従いプレーします。しかし、常葉大菊川の高橋...

「個人の力」と「チームの力」

2018年01月31日 カテゴリ: ブログ
最近、講師として、受講生の「個人の力」をてこに「チームの力」を引き出すことを強く意識するようになりました。ありがたいことに、お客さま企業に当社の長期研修を毎年継続的に実施していただくケースが増えています。同じプログラムでも、年度が変わって受講生が入れ替わることで、前年とは異なる個性をもった集団に向き合うことになります。 例えば、前年の受講生より、全体として発言が少なく控えめだったある研修の受講生た...

意識変革・行動変革の実現例 ~女性リーダー研修の感想から~

2017年10月03日 カテゴリ: ブログ
当社V&Vがご相談を受ける研修案件の多くは、受講者の「意識・行動変革」を目的に掲げています。例えば、受講者が「リーダーになるための覚悟と自信がもてるよう意識づけし、職場でリーダーシップを発揮できるようになってほしい」「一段高い視座から課題発見や課題解決ができるようにしてほしい」といったケースです。このような案件に関して、V&Vは、定員を絞った(最大20名まで)、複数回に亘るプログラ...

プレゼンのうまい人とへたな人を分ける要素②

2017年06月01日 カテゴリ: ブログ
前回のブログでは、「なんちゃってプレゼン」の具体例をご紹介しました。では、なぜ、そのような「なんちゃってプレゼン」が横行するのでしょうか? Value&Visionでは、その根本の理由は、そもそも、「プレゼン資料」と「説明資料」の区別ができていないからではないか、と考えています。前回挙げた『プレゼン資料の作成上の特徴1:「情報のテンコ盛り」』や『プレゼンテーション(発表)の特徴:「スライド...

プレゼンのうまい人とへたな人を分ける要素①

2017年06月01日 カテゴリ: ブログ
以前のブログで2回に亘って、「プレゼン資料作成の基本」について書きました。今回は関連するテーマについて、プレゼンのうまい人とへたな人を分ける要素、というアングルから2回のシリーズで取り上げます。早速ですが、プレゼンのうまい人とへたな人を分ける要素とは何でしょうか?ここでは2つの要素を考えました。「累積経験量」と「マインドセット」です。ひとつめは、「習うより慣れよ」の言葉どおり場数、つまり、それまで...

プレゼン資料作成の基本 Part 2

2017年02月12日 カテゴリ: ブログ
前回のPart 1では「①プレゼン資料作成のステップ」についてお話しました。今回はPart 2、完結編です。   ②プレゼン資料作成に役立つ『5つの対語』 我々がプレゼン資料を作成するとき、研修で受講者を指導するときに意識しているのは次の5つの対語です。それらは前に述べた「どう伝えるか」を強く意識した内容になっています。本ブログのタイトルには「基本」とありますが、プレゼン資料を作った経験...

プレゼン資料作成の基本 Part 1

2017年02月12日 カテゴリ: ブログ
プレゼン資料を作ることは、Value & Visionにとってまさに「飯のタネ」と言えます。 自分たちで作る: コンサルティングの提言や研修教材の作成がこれに当ります。パワーポイントにして「月平均200枚×12か月」で年間2,400枚、同数の「没スライド」を入れると年間5千枚近くは作っているのではないでしょうか。 他の人が作るのをサポートする:  研修での個別指導がこれに当たりま...

最近の研修のフィードバック

2016年12月02日 カテゴリ: ブログ
Value & Visionでは研修の受講者や事務局の方々から頂くフィードバックを真摯に受けとめ、研修プログラムの進化に反映させています。当サイトでは、「お客様の声」ページでこれまでお客様から頂戴したフィードバックをご紹介しています。   今回は、最近、徳田・近藤の2名講師体制で行った研修(ダイバーシティ&インクルージョン研修、女性リーダー研修、女性人材育成者研修)から特に印象的...

Value & Vision研修における「コンテンツブロック」について

2016年10月01日 カテゴリ: ブログ
このサイトでは、Value&Visionの人材育成・研修に関して、25個のコンテンツブロックをご紹介しています。(Value&Vision人材育成研修のページの下部「研修コンテンツ」タブ参照) コンテンツブロックとは、平たく言えば、例えば「戦略論」とか「自己理解・MBTI」とかいった研修ひとつひとつの科目のことです。   どこが「ブロック」なのか? アナロジーはブロック玩...

専修大学リーダーシップ開発プログラムでの講義

2016年07月09日 カテゴリ: ブログ
昨年に続き今年も、7月7日に専修大学の「専修リーダーシップ開発プログラム」で「ダイバーシティ・リーダーシップ」の講義をさせていただきました。   同プログラムの目的は、学部生が、卒業後、組織や社会を牽引する人材として活躍するために必要な「リーダーシップ」の基礎を体得すること。受講は公募制で、学年・学部を問わず広く希望者を募ります。そのうえで、書類選考と面接を通じて受講生を決定します。期間...

経営視点から斬る「不祥事」

2016年05月21日 カテゴリ: ブログ
「売上や利益を積み上げるのは、文字通り賽の河原で小石を積み上げるような、毎日の地道な作業です。われわれは過去の営業経験からそれを身に染みて感じています。しかし、逆に売上や利益を吹き飛ばすのは一瞬にしてできます。それが不祥事の恐ろしさです」   「リーダーとして地位が上になればなるほど、より大きな意思決定にかかわるようになります。その分、一人一人の持つ、所属組織に対する破壊力は増します。次...

【旧サイト】学生の視点 (1月13日 早稲田大学のレクチャーから)

2016年01月18日 カテゴリ: 旧サイトアーカイブ
昨年に引き続き今年も、早稲田大学の池上先生のIntroduction to Global Leadershipの授業で「Gender Diversity」についてレクチャーをしました。まだ頭の柔らかい若い世代に、「ダイバーシティ&インクルージョン」というコンセプトに触れ、問題意識をもってもらえる貴重な&ありがたい機会でした。 この授業をとっている学生さんは、学部・学年混合で、留学生が3割。Dive...

【旧サイト】専修大学リーダーシップ開発プログラムでの講義

2015年06月27日 カテゴリ: 旧サイトアーカイブ
6月25日に専修大学のリーダーシップ開発プログラム-蒼翼の学舎-で講義をさせていただきました。このプログラムの目的は、卒業後、組織や社会を牽引する人材として活躍するために必要な「リーダーシップ」の基礎を体得すること。対象者は、学年・学部を問わず公募。単位にならないプログラムかつ、4月~12月までの長期間に亘り、グループワークなどの課外の取組みもあるので、学ぶ意欲の高い学生さんが集まるとのこと。 私...

【旧サイト】新しい世代を感じる (早稲田大学でのDiversity & Inclusionの講義から)

2015年01月25日 カテゴリ: 旧サイトアーカイブ
昨年はEmpower Women Leaders Programを立ち上げ、早々に企業研修や内田塾などの機会をいただくことができ、とても充実した年となりました。今年は、さらに展開を広げていきたいと思います。 さて、先日、早稲田大学の学部生を対象としたIntroduction to Global Leadershipというプログラムの中で、Diversity&Inclusionについて講義する機会を...